ホーム 横浜建設業青年会について 入会のご案内・問合せ BLOG・リンク集
2019年度横浜建設業青年会
会長挨拶

〜絆〜 『感謝の気持ち』
第43期会長 川村 兼治


〜 絆 〜 『 感謝の気持ち 』

『絆』それは絶つことのできない感謝の気持ちであり、人と人との結びつき。

 昨今、2020年に東京オリンピック開催決定などの朗報が有る一方、建設業界では少子高齢化と担い手不足による若手従事者の減少が問題視されております。
 この様な厳しい中、横浜建設業青年会は平成31年度で43期を迎えることが出来ました。これもひとえに、42年前に弊会を発足された諸先輩方、またその意思を継承して下さいました歴代の諸先輩方の御蔭であると考えております。

 第43期横浜建設業青年会は『絆』をテーマに邁進していく所存で御座います。
一言で『絆』と申し上げましても人それぞれ捉え方は異なるかと思います。
 私の考える『絆』とは現役会員同士は元より、歴代の諸先輩方を筆頭に同業他団体・行政・次世代・地域・私たちと関わる方全てとの結びつきです。

 人と人との『絆』の裏付けには、相手を思う感謝の気持ち無くしては有り得ないものだと思います。まず自身が相手を思いやり、その先に相手が自身を思いやりその結果が『絆』という形になるのではないでしょうか。
 この築くべき『絆』は我々の命題であり無限の可能性を秘める鍵であると思っております。

 会活動、社業において会員一人一人が若手であることに甘えることなく、次世代のリーダーである自覚を持ち、建設業界のマイナスイメージを今以上に払拭できたらと思います。
 各々の自覚ある行動が次世代への架け橋となり、将来の建設業界がより明るく希望あるものになると信じております。

 今年度、横浜建設業青年会に関わる全ての方が、横浜建設業青年会と出会えて良かったと心から思い、笑顔になって貰える会活動に出来れば幸いです。

 横浜建設業青年会が今まで以上に飛躍ある年となる様、会員一同切磋琢磨し会活動・社業に取り組んでまいります。諸先輩方、関係者の方々に置かれましてはより一層の御支援、御協力の程、お願い申し上げます。

ページTOPへ!
会長挨拶